ホーム > ビジネス > トレード売買

トレード売買

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨をトレードして儲けを生む取引です。

 

売り買いの値は、1日中上がったり下がったりします。

 

これがマーケットです。

 

インターネットでニュースをみていると外貨のマーケットのニュースが流れる場合があります。

 

例としてあげると、「今の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを提示しています。

 

つまり、売り買いには買いと売りの両方の値が存在するのです。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと示しているFX業者も存在しています。

 

普通は買値よりも売値のほうが低く決定されています。

 

実際に買値は高く、売値は低くなるのが普通です。

 

その差分をスプレッドといい、会社の収入の一部になっています。

 

スプレッドはFX業者によって変化します。

 

スプレッドの狭さはあなたにとって費用になるので小さいFX業者をセレクトするほうが得します。

 

ただし、同じFX会社でも場面に応じてスプレッドの広さは広くなったり狭くなったりします。

 

例として日常的には円とドルのペアでわずか1銭のスプレッドの幅だったとしても、相場の変動がかなり激しいときには広くなったりする場面があります。

 

そのため、スプレッドが低いのと同じくらい変化しないということが重要です。

 

今では変化しないスプレッドの広さを提示する業者もあります。

 

実際に業者の取引画面内で本当のマーケットを見なければ判断できないので面倒くさいですがとても重要なことです。

 

貴重なお金を賭けて取引するのだから、リアルな取引の前に、気になる取引会社の口座開設をいくつもして、スプレッドの差を知っておきましょう。

 

同じペアでも、その時間帯の市場の状況によって、通貨ペアのスプレッド幅は異なります。

 

たいがい、インターバンクで売買高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が狭く、それ以外のペアではスプレッド幅が拡大する事がよくあります。

 


関連記事

  1. フットマッサージで足痩せ

    脚やせにはマッサージが一番効果的です。ローラーマッサージでふくらはぎを下から太も...

  2. プールに行く前日のムダ毛処理について。

    私は、ショートパンツやスカートをはく事がないので、足のムダ毛処理をまめにしている...

  3. 脇がチラリ

    高校生の時に同級生の半袖のシャツから偶然脇が見えたんですが、プールの日でもなかっ...

  4. トレード売買

    「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨をトレードして儲けを生む取引です。 &...

  5. 旦那のいびき

    アレルギーの季節になると、主人のいびきが大きくなるのが、私の結婚に関する悩みです...

  6. テスト

    テスト記事です。...